佐野美術館にて「銅版画家・浜口陽三 やわらかな闇の中で」開催中!

佐野美術館

佐野美術館(三島市中田町1-43)では、

6月5日(日)まで「銅版画家・浜口陽三 やわらかな闇の中で」を開催しております。

 

浜口陽三は、日本を代表する銅版画家で、「カラーメゾチント」という技法を完成させ、独自の世界を表現しました。

本展では、カラーメゾチントの代表作を中心に、近年発見された尋常小学校時代のスケッチや、

様々な表現を模索していた時代の油彩画など75点をご覧いただけます。

 

さくらんぼや、てんとう虫といった小さなモチーフが、

深い黒の背景に鮮やかに浮かび上がる作品に、来館者の方からも、

「作品は小さめだけど、引き込まれていつまでも見つめていたくなる」

「メゾチントが非常に時間のかかる版画だと初めて知った」

といった感想が寄せられているそうです。

 

浜口陽三は、伊豆と深いかかわりがあり、

戦後まもなく、療養のために伊豆・下田の蓮台寺温泉で2年ほど過ごし、地元の人々と親しく交流しました。

パリやサンフランシスコを拠点にして活躍した浜口ですが、

日本に帰国するとまるで自分の故郷のように、度々当地を訪れておりました。

当時の資料とともに心温まるエピソードを紹介しています。

 

佐野美術館創立50周年を記念する展覧会第一弾の本展を、

ぜひこの機会にどうぞお楽しみください。

 

浜口陽三の主な出品作品や、同時展示情報はこちら♪

 

施設情報

佐野美術館
静岡県三島市中田町1-43 マップはこちら
TEL:055-975-7278

会期:2016年4月23日(土)~6月5日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)
入館料:一般・大学生 1,000円、小・中・高校生 500円
休館日:木曜日(5月5日は開館)

 

▶佐野美術館

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ