静岡市立芹沢銈介美術館にて「布と模様のハーモニー」開催!

静岡 美術館 登呂

2016年4月9日(土)~7月3日(日)、

静岡市立芹沢銈介美術館(静岡県静岡市駿河区登呂5丁目10-5)にて、

「布と模様のハーモニー」の展覧会が開催されます。

 

染物の巨匠、芹沢銈介。彼の多くの人を魅了する作品の一つが着物です。

自らが「着られない着物」と言うほどの独創的な着物を多く生み出しました。

今展覧会では、「貝文着物」・「沖縄風物文着物」などの着物15点を中心に、代表作品の50点を展示。

 

また、芹沢銈介の収集品から、彼が晩年に愛したという、

古代アンデス文明期の染織品をご紹介!

400年以上前にペルー各地で織られ、鮮やかな色彩と高度な染織技法を見ることができます。

ユニークな表情の神像や人物文、動物文など、豊かな模様表現も魅力の一つです。

きっと芹沢もインスピレーションを得ていたことでしょう。

 

「布と模様のハーモニー」をお楽しみあれ♪

イベントも要チェック!

 

開館時間:  9:00 ~ 16:30

休館日: 毎週月曜日、祝日の翌日、展示替期間中(年3回)、年末年始

観覧料:一般420円 / 高校生・大学生250円 / 小学生・中学生100円 / 未就学児無料

(団体割引30名以上50円引き、小・中学生は20円引き)

※静岡市内に在住または静岡市内の小・中学校に在学中の小・中学生は、無料。

※市内在住の70歳以上の方、各障がい者手帳の交付を受けている方とその介助者1名は無料。

※上記は通常展の入館料です。特別展の場合、観覧料が変更になることがあります。

 

▶静岡市立芹沢銈介美術館

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ