非日常空間を楽しむなら!風景の旅をしよう♪【静岡県立美術館】

ウェブマガジンー静岡ーしず恋ーデート

静岡県立美術館では、今月19日から2016年3月21日まで、
ウィーン美術史美術館展が開催されます!

皆さんは、どんな時に美術館に行きますか?
何かと雑音が多いこの世の中、ちょっと立ち止まってみませんか?
今回の展覧会では、遠い国を旅することができるはず!
きっとゆったりした時間を過ごせますよ。

私は美術館に行ったついでに、
県大のシンボルである赤レンガの校舎の隣に広がる芝生園地に行くのが習慣です。
大学と県立美術館の間という立地ということで、散歩コースとなっています。

家族と一緒に、又はデートコースとしても、
さぁ、知識の旅にでかけましょう♪

ウェブマガジンー静岡ーしず恋ーデート7

展覧会ギャラリー 一部紹介

ルーカス・ファン・ファルケンボルフ 《夏の風景(7月または8月)》 1585年

ルーカス・ファン・ファルケンボルフ 《夏の風景(7月または8月)》 1585年

ヨアヒム・パティニール 《聖カタリナの車輪の奇跡》  1515年以前

ヨアヒム・パティニール 《聖カタリナの車輪の奇跡》  1515年以前

ヒエロニムス・ボスの模倣者 《楽園図》 1540–50年頃

ヒエロニムス・ボスの模倣者 《楽園図》 1540–50年頃

南ネーデルラントの画家 《東方三博士の礼拝》 1520年頃

南ネーデルラントの画家 《東方三博士の礼拝》 1520年頃

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 《タンバリンを演奏する子ども》 1510–15年頃

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 《タンバリンを演奏する子ども》1510–15年頃

カナレット(通称) 《ヴェネツィアのスキアヴォーニ河岸》 1730年頃

カナレット(通称) 《ヴェネツィアのスキアヴォーニ河岸》1730年頃

施設詳細&観覧料

展覧会名 ウィーン 美術史美術館展—風景画の誕生—
会期 12月19日(土)〜2016年3月21日(月祝)
開館時間 午前10時〜午後5時30分 ※展示室への入室は午後5時まで
休館日 毎週月曜日、及び年末年始〈12月28日(月)〜1月1日(金・祝)〉
※ただし、1月11日(月・祝)、3月21日(月・振休)は開館、1月12日(火)は休館
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
高校生・大学生・70歳以上 600円(500円)
中学生以下 無料

※( )内は団体20名様以上および前売り料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその付添者1名は、企画展・収蔵品展とも無料でご覧いただけます。

施設名 静岡県立美術館
住所 静岡市駿河区谷田53-2 マップはこちら
URL HPはこちら

お得に観覧するなら♪

ネットで前売り券を購入すると、一般観覧料が200円お得となる♪
これは利用しない手はない!

お得な前売り券はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ