婚活でのアピールの仕方を考えよう

婚活静岡ー料理

『頑張ってます感出過ぎる!?』とは?

「無理をしているかどうか」は自分で判断したり把握しておかなければいけません。

あくまでも、頑張ってるかどうかって、他人に「頑張ってるよね」「頑張り屋さんだね」など言われることであり、

頑張っているかどうかは自分で判断する訳ではないのです。

あなたの周りにはいませんか?「私こんなこともして、これもしてるんだよ!?」という方・・・

きつい言い方になりますが聞いてもないのにそんなこと言われると・・・ちょっと引いてしまいますよね。

自分で分かってアピールをすると、どんなに頑張っていても周りは押し付けに過ぎなくなります。

また周りも「頑張ってはいるんだけど・・・」とちょっと「認めたくない気持ち」が大きくなってしまいます。

結果、周りはちょっと引き気味になってしまい、空回りに陥りがちなのです。

空回りをしている人ってちょっと哀れみの目で見てしまったり、

ちょっと面倒くさい扱いをされてたりして敬遠されたり・・・あなたはそんな風になっていませんか!?

そして何より、「頑張る」必要はありますか?

無理して「恋愛のために」や「モテるために」「婚活パーティーで目立つために」

何かを頑張るというのはあまり意味がないように思われます。

そしてそれが「頑張っている」ならプラスにはならないような気さえします。

それらを頼まれた訳でもなく、個人的に頑張っていて、

周りの女友達やお目当ての人に押し付けても引かれてしまうのがオチなのです。

いくら結婚に焦って出会いを探していたり、自分をアピールしたくても、

それらがマイナスに働くと意味がありません。

だったら無理せず安全な策をとった方がいいですよね。

恋愛中の方はもちろん、気になる男性に対してのアピールや婚活パーティーでの自己主張、

そういう部分で一旦、1歩下がって自分の行動を客観的に見てみましょう。

頑張ることは決して悪いことはありません。

世間話で「こんなこと始めたよ〜」と話すことも悪いことではないのです。

楽しいから、好きだからやっているのか、ただ頑張っているのか。

話し方によっては「頑張っている!」と自分で主張することになりますので、

十分な注意が必要ですよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ