恋人に変わってほしい時すべきこと

静岡ー婚活

パートナーを、ダメにするのは簡単です。

悪いところを見つけては、ダメ出しをすればいい。

そうするだけで、意識が悪いところに向き、

自信を失って、どんどん悪くなっていきます。

これは、脳科学的にも当然のことだと思われます。

人間は、悪いところを指摘されると、「闘争か逃走か」と呼ばれる状態になります。

相手を攻撃するか、その場から逃げ出すか、という状態です。

自己防衛的になるわけですね。

この状態の目的は、今までの自分を維持することです。

つまりは、変わらないことが目的なんです。

 

人の悪いところを指摘するというのは、

相手を変えようとしていながら、

相手が「変わらまい!」というする状況に追い込むという、

不思議なことをやっている、ということです。

では、相手を変えたければどうすればいいか。

少し前にお話ししたマッチングの方法が一番簡単だと思いますが、

他にも、うまくいっているところを誉める、という方法もあります。

軍隊を使った実験があります。

あるグループは失敗をしたときに、失敗した理由を反省する。

あるグループは失敗しても、成功しても、特に何もしない。

そして、残りの1グループは、成功したときに成功した理由を振り返る。

もちろん、話の流れ上もお分かりだと思いますが、

成功したときに、成功した理由をふりかえったグループが一番伸びました。

彼氏彼女が、急に優しくしてくれたら「どうしたの?」ではなくて、

「ありがとう」「さすがだね」というわけです。

そして、優しくないときは放っておく。

よいところを見つけて、悪いところは「どうしたんだろ」と思うようにする。

これをホンマでっかTVの植木先生は、「アメとムシ」呼んでいます。

また、アメリカの伝説のコーチと呼ばれるジョン・ウッデンは、「アメとアメなし」と呼んでいます。

ここまで来ると、もう信用するしかないですよね。

つまり、パートナーが最高の状態であることを前提として接するわけです。

よい状態をパートナーらしいと捉えて、

悪い状態はパートナーらしくないと、捉えるようにする。

こういう風に、パートナーを見つめてあげてください。

それはきっとあなたにとってもよいことだし、

パートナーにとってもよいことですから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ