流れを掴む心の近づけ方とは?

婚活・恋活ー静岡ーしず恋5

今回は、「コミットメントと一貫性の原理」という社会心理学の知識です。

 

この原理は、もともとは洗脳に使われたものです。

中国共産党が、アメリカ兵を洗脳するときに使っていました。

そんな恐ろしいものをお伝えしてよいのかと言えば、

本当はよくないんです。

でも、実際には社会では普通に使われています。

知っていれば防御にもなりますよね。

だから、お伝えしておきます。

コミットメントというのは、確約、強い約束のことです。

ですから、コミットメントと一貫性の原理というのは、

一度、強い約束をしてしまうと、それに反する行動ができなくなる、

流れが作られてしまうと、そこから逃れられない、

という人間の性質を言います。

 

一度、身体の関係を持ったらズルズルと付き合ってしまう、という

ドラマのようなことが本当に起きるという原理です。

現在では、この原理は、説得するために使われています。

相手をどうやって説得するか、というときに使うわけです。

恋愛なら、ターゲットとの関係を近づけるときに使えますね。

 

たとえば、相手と2人っきりになりたいと思ったら、

まずは小さな約束を取り付けるようにする。

「相談したいことがある。」ぐらいでよいと思います。

働いているなら「仕事で上手くいかないことがある」、

学生なら「勉強がうまくいかない」、それぐらいの相談でいいんです。

仕事も勉強も順調に見えても、自分にとって完全満足という人はいませんからね。

大切なことは、一度2人だけで会う機会を作ることです。

一度その機会を作ることができたら、その後も2人だけでいるのは簡単。

一度お泊りができたら、もう1回お泊りをするのも簡単です。

最初の壁を乗り越えることさえできれば、

同じことを続けるのは簡単なんです。

よい意味でも、悪い意味でも、既成事実に勝るものはないんです。

流れを作ってしまえば、こっちのもんということです。

あまり悪用すると、もちろん嫌われます。

ですが、小さな約束を取り付けて、それを足場に全身するのは、

普通の恋愛の進み方と同じです。

それを意識的に仕掛けていくか、どうか、です。

なかなか進展しないという場合に、これは役立ちます。

どうしても前に進みたいなという場合は、使ってみてくださいね。

ちょっと、あくどいですけどね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ