身だしなみは最低ライン!電車オタクに学ぶ恋愛テクとは?

静岡ー婚活・恋活パーティーしず恋3

「電車男」という、一時期流行った話がありました。

知らない人も、いるかもしれませんね。

これはオタクが、ある女性と、お付き合いに至るまでの話です。

電車の中で、主人公は酔っ払いに絡まれている女性を助けようします。

そして、そのお礼として「HERMES(エルメス)」と書いたカップをもらう。

そこから、主人公・電車男とヒロイン・エルメスと付き合うまでの話が始まるわけです。

 

電車男がエルメスと初めて二人きりで会うときに、

電車男が最初にするのが”服装を変えること”。

オタクの服装から、カッコいい服装に変えたことです。

オタクがなぜ恋愛から遠いかと言えば、単純に身だしなみがダメだから。

たとえば電車オタクでも、服装1つで印象はガラッと変わるんです。

清潔感のある服装をしていたら「変な知識が豊富な人」になる。

「意外な一面があるんですね。面白いですね。」となります。

清潔感がないと「電車オタク」でバッサリです。

男性にとっての女性も同じで、清潔感がないとダメです。

一般的に、リケジョはよくても、腐女子がダメなのは、

言葉から感じる清潔感の差です。

だから、見た目の清潔感があれば、腐女子でもOK。

以前にも書いたのですが、人間には「快適領域」というものがあります。

清潔感がないというのは、簡単にいうと快適領域外ということです。

快適領域の外側=不快です。

眼中にないというレベルではなくて、不快に思われているということです。

ゼロではなくてマイナス。

すでにマイナスなので、恋愛どうこうの話ではないんですね。

だから、最低限の身だしなみはしましょう。

相手の快適領域に入る許可が出るくらいの、最低限のものはね。

 

マイナスの時点で、どれだけ心理テクニックを使っても逆効果。

どんどん嫌われるだけですから、ストーカー認定されるだけです。

9割の人は大丈夫だと思っていますが、一応、書いておきますね。

まずは清潔感があるようにしよう!という話でした。

電車男 DVD-BOX

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ