時間を使って感情をコントロールする

婚活ー静岡ーパーティー

今回は男女において本当によくあることの一つとして、喧嘩をした時のこと。

相手が何か悪いことを言ったり、悪いことをしたり、

又はあなたが相手を傷つけてしまったりと喧嘩の原因には様々なことが考えられます。

相手が浮気をしていたり、誰かとずっとメールをしていたり、

どれも感情的になりやすいことですよね。

今回は、その感情的になっている時の簡単な対処法について紹介していきます。

 

少し時間を置いて自分から

みなさんも、彼氏や彼女または好きな人と喧嘩をしてしまった経験はあるでしょう。

どんな内容にせよ、怒りが頂点にきたり、悲しみが湧いてきたりと、

本当に感情をコントロールするのは簡単じゃありません。

人間である限り、感情をうまくコントロールできる人なんてこの世にはいないと思います。

自分でコントロールは難しいので、少し時間をおきます。

例えば、

『今日は怒ってて冷静に判断ができないから、明日また話そう』のように、

時間をうまく使うことです。お互いにヒートアップして、

怒りだけで何か取り返しのつかないことを言ってしまっては、後で必ず後悔します。

 

気分転換に少し買い物に行ってくるでもいいですし、

もしそれであなたが気分を落ち着かせれることができると思うことならなんでも構いません。

ようは頭を少し冷やしてから冷静に判断ができる時にもう一度話し合いをするということ。

喧嘩の最中というのはまともな判断ができません。

そんな時は少し時間をおくように心がけましょう。

 

そして一番大切なことは、自分から謝るということ。

恋愛、友人や社内の関係問わず、

人間関係で何か衝突が起きた時、まずは一歩引いて自分から謝るのが大事です。

「相手が先に謝れば許したのに・・・」っていうことが多々あります。

時間を使って頭を冷やして、まず自分から謝る。

「昨日は少し言い過ぎてごめんなさい」など、

勇気を出して大人の対応を心がけましょう。

 

感情というのは本当に厄介で難しいものです。

喧嘩をしてお互いがヒートアップした時に冷静な判断をするのは、

なかなか難しいかもしれませんが、頭の隅に置いておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ