恋愛において大事なことは?ポジティブ心理学に学ぶ

静岡婚活ーしず恋

感情は感染します。

特にパートナーの感情は感染しやすく、

パートナーが楽しそうだと自分も嬉しい。

反対に、ちょっとイライラしているだけでも、

その影響を受けてしまいがちですよね。

 

パートナーがいつもポジティブでいてくれたら楽なんですが、

それはちょっと、無理でしょうね。

そして、相手の感情を直接コントロールすることはできません。

だから、あなたの感情のコントロールはとても大切なんです。

もちろん、あなたがいつもポジティブでいる必要はありません。

無理にポジティブになろうとするのは、身体に悪いことが分かっています。

ネガティブになってもいいんです。

大切なことは、ポジティブとネガティブの比率です。

ポジティブ:ネガティブの比率が、3:1を超えるようにしてください。

ネガティブになったら、その3倍ポジティブになればいいだけです。

あなたにとっては、きっと簡単でしょ。

『ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則』という本があります。

ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則


これはバーバラ・フレドリクソンというポジティブ心理学の研究者の本です。

『ホンマでっかTV』でも有名な、植木理恵さんが監修されています。

ポジティブとネガティブ比率が3:1を超えると、

人生が色々な側面でよい方向に向かうことが、実証されているそうです。

具体的に言うと、創造性が高まって、視野が広がり、協調的になり、

親しい人との結びつきが強くなり、落ち込んでも立ち直りが早くなって、

さらには、人種差別意識までなくなるそうです。

特にパートナーとの関係で言うと、5:1を超えることが大事とされています。

ネガティブな言葉の5倍、ポジティブな言葉をかけてあげるだけです。

 

何度も書きますが、ネガティブになってもいいんです。

ただ、その3倍から5倍ぐらい、ポジティブになりましょう。

自分の好きなことをしてみたり、ぼぉーっとしてみたり、

理想的な未来を思い描いたりしてみましょう。

そうすると、あなたがパートナーとうまくいくことは保証されます。

私が保証するのではなくて、ポジティブ心理学という学問が保証してくれます。

だから、どんどんポジティブを探してみて下さいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ