草食系男子に好きになってもらう2つの方法

しず恋ー静岡ー婚活

草食系男子に好きになってもらう方法は、大きくわけて2つです。

1つは、相手の世界観をあなたが勉強すること。

もう1つは、聞き上手になることです。

彼が哲学好きなら、あなたも哲学を勉強するようにする。

彼が映画好きなら、あなたも映画を観るようにする。

これが、1つ目の方法です。

 

もう1つの方法の場合は、あなたは勉強はしなくてもいい。

ただ、彼に好きなことを話させればいいのです。

だから、聞き上手になる方法をおすすめします。

もちろん、彼とあなたの間で、共通の話題がないと話は続きません。

ここで重要となってくる概念が、「抽象度」です。

抽象度というのは、その言葉のとおり抽象度合いです。

たとえば、「婚活」より、「活動」のほうが抽象的ですし、

「活動」より「行為」のほうが抽象的です。

この抽象の度合いのことを、抽象度と言います。

聞き上手のコツは、抽象度を上げることです。

彼が哲学マニアで、カントについて語り出したとします。

きっとあなたはチンプンカンプンです。

ただ、彼の話から、あなたは「カント」は哲学者の名前だとわかった。

そうしたら、同じ哲学者の名前で知っているものを、必死に思い出すのです。

たとえば、「ソクラテスって哲学者だっけ?」という風に。

そうしたら、きっと彼はソクラテスとカントの時代の違いや、

共通点などを語ってくれます。

「無知の知」の話は、きっと出てきますよ。

ここで、大切なのは、話題を完全に変えたわけでないこと。

「なんかよくわからん哲学の話」から、「哲学の話」にまであげてみて、

そこから自分が知っていることを話したことです。

相手が「プリキュアのフィギュア」について語りだしたら、

あなたは「プリキュアのフィギュア」ではなくて、

「アニメの人形」というレベルで、自分の知っていることを話す。

 

この方法ができるようになれば、

あなたは自分が興味のないことを勉強する必要もありません。

自分の持っている知識の中で、相手と話を上手に合わせられるようになります。

こうやって話を聞けば、彼は喜んで話をしてくれます。

抽象度を上げて話を聞いて、彼の心を独り占めしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ