結婚について考えてみる

結婚 静岡

唐突ですが、皆さんは結婚とは?ということについて考えたことはありますか?

単純に言うと、もう恋愛感情だけでは済まされないとか、家族という関係になるとか。

いきなりこういう質問を投げかれられると、

恋人から夫婦へと変化するという部分がかなり大きいので、

その変化について思い浮かべる人が多いと思います。

では、もっと深い、「恋愛」や「恋人」との比較ではなく「結婚感」について考えいきましょう。

 

結婚とは、出会って好きになって恋人同士となり夫婦となるために結婚をします。

けど、不思議なことに世の中には何億人と存在する中で、その相手を選びます。

離婚をすることも簡単なのですが、少なからず結婚ということは何か重みがあり、

今までの関係とは全く違ってきますよね。

恋人同士のようにお互いを見つめ合うだけではなくて、

同じ方向を向いて、残りの長い人生を共に歩んで行くのです。

片方が辛いことがあれば自分も一緒に背負うというような覚悟も必要です。

けど、そのような人生一大事の選択を何億人といるこの世の中で、アッサリと決めてしまいます。

タモリさんは「狂気」と表現していました。

狂気とは常軌を逸脱した精神状態という意味なのですが、まさにその通り。

何億人もの人がいるのに、出会った人の中から「その人」を選び、

人生を添い遂げる覚悟をするのですから。

そもそも何億人と関わること自体不可能な話ではあるのですが・・・

けど、その狂気があるからこそ人生も恋愛も楽しいのだと思います。

そして中には離婚を繰り返したり、不倫や浮気をしたり、狂気に陥り、失敗をするのだと思います。

いい方向にその狂気を活かせればいいのですがなかなかそうは行きません。

そもそも恋愛自体が狂気なのであれば、それらのような失敗をする時ってそれ以上なのでしょう。

だから、後から冷静になって「なんであの時・・・」と悔やんだり落ち込んだりするのだと思います。

婚活中の方も恋愛中の方もちょっと結婚について考えてみると、

何か新しい発見が出来るのではないでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ