大物女優に学ぶ婚活の心構え?

静岡婚活 女優

有名人や大物芸能人同士の夫婦ってよくテレビで観ますよね。

おしどり夫婦もいれば、ちょっと大変そうな夫婦まで・・・

特に高齢の大物芸能人夫婦にはエピソードが沢山あってよく番組でも話題になっています。

よく耳にするのが、昔の俳優さんはとてもヤンチャでそれを支える奥さんのエピソード。

それでも嫌にならずに長年連れ添って今に至るというもの。

おそらく今の私達では考えきれない程の苦労や時には辛く涙するようなことがあったにも関わらず、

今も尚、素直に愛していると言える素敵な女性がたくさん芸能界にはいらっしゃいます。

そのような大女優の方々をお手本にして、結婚や恋愛について考えてみましょう!

 

まず、理想の嫁、おばあちゃんとしてトップにいるのは八千草薫さん。

とてもエピソードもかわいらしく、品があり、お話を聞いてるだけでも、

亡き旦那さんを未だに大切に思っていることがヒシヒシと伝わってきます。

八千草さんの場合は旦那さんで困ったことは特に耳にはしないのですが、

谷口さんとの結婚にはお母さんから大反対されて、破局の危機にまでいったんだとか。

それでも、八千草さんは別れを選ぶことはなかったそうだし、谷口さんに告げられても引き下がらなかったとか。

 

中村玉緒さんはとても大変だったようです。

勝新太郎さんに結構振り回されたようですが、

それでも玉緒さんも旦那さんが好きだったんだという雰囲気はとても感じられます。

勝新太郎さんというとかなりお騒がせ俳優として知られてますが、その妻として長年夫婦として添い遂げ、

お話する姿を見ても全然嫌な風にも見えません。やっぱり好きな旦那さんだったんでしょうね。

 

そして、もう一人例えとして上げてみると、樹木希林さん。

希林さんもかなり手を焼いてるようですね。

ロックな旦那さんをもってるだけに、ネットでは旦那よりもロックだと言われてることも。

確かに、あれだけ問題を起こされても冷静な希林さん・・・

 

まだまだ沢山素敵な女優さんはいらっしゃいますが、

ここまでで共通して言えるのは「根性」や「底力」といったような、ここぞと言う時のパワーですね。

そして3人とも歳相応の飾らない感じでとてもお着物が似合ってます。

基本、日本人は着物が似合うのですが、着物が似合う女性ってどこか強いものを感じられます。

それはここぞという時の意思の強さや度胸というものかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ