婚活の時にも私生活でも、プライドは控えめに。

静岡婚活ーしず恋ー浜松1

「プライドが高い人」というのはよく聞きますが、その逆ってどうでしょう?

「プライドがない」と言うと、少しマイナスな感じもします。

プライドというものは難しいもので、

高すぎても逆に全く持たなくても良くはなく、扱いずらいモノです。

けど、男性は基本的にプライドが高いという世間のイメージがありますよね。

仕事や恋愛においても、外見にしても、女性より、有る無しが両極端というか。

特に高くてもそういうモノだ、という感じ。

 

それに比べて、女性って難しくないですか?

持ってたら持ってたで「プライドが高い女だ」、

ないはないで男性と同じく人間として問われたり・・・。

おそらく恋愛や仕事では男性を立てて、控えめにすることが無難ですよね。

しかし、どうしてもプライドが高い女性だっているものです。

その人って実は、プライドがずば抜けて高いけど、容量は小さい。

持ちすぎていて余裕がない。何かを手放さないといけない。ということが考えられます。

つまり、自分に見合ったプライドが持ててなく、余裕がない、

またはなくなりつつある状態です。

 

プライドを捨てるという事は大変、勇気が要ります。

ややこしい言い方になりますがプライドを捨てることにだって、プライドが必要なのです。

要するに、男性だけでなく自分以外の誰かを立てる事にもプライドが必要になります。

捨てても余裕があるから自分以外の誰かを立てれるのです。

仕事においても、無理をせず頼ったりお願いをすることも大切です。

恋愛だって相手にたまには頼ったり、甘えることだって大切です。

どんなに見栄を張って自分でやろうとしても、

その分の容量がオーバーしてしまっているのではどうしようもありません。

恋愛のうちは特にこれを練習しておくといいでしょう。

結婚してからこれを身に付けることは更に難しくなると思います。

婚活中の方や今からしようと考えてる方には少しでも知っていてほしいです。

内容によっては悔しいこともあるかもしれませんが、

自分には容量オーバーだということを理解して、誰かに頼ってみませんか?

プライドを持って無駄な意地や見栄は捨てましょう。

恋愛や仕事も、結婚後にも円滑に進むのではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ