婚活でのプロフィールカードの書き方

婚活静岡ー浜松イベントープロフィールカード

婚活パーティーだとプロフィールを書くことを求められますよね。

もしくは結婚情報サイトなどで書く場合があります。

もしかしたら、あなたも登録しているかもしれません。

このときの書き方って、どうすればいいんでしょうか。

今回は、これについてお教えしたいと思います。

 

ポイントは、あなたがどのような人と結婚したいかです。

すべての情報は、あなたに興味をもってもらうための道具です。

プロフィールも、あなたのエントリーシートの1つ。

あなたが理想とする人に、あなたを見つけてもらうためのものです。

では、すべての自己評価が高く書いた方がよいのでしょうか。

そうではありませんね。

大切なことは、理想の相手に見つけてもらうこと。

それなら、その人向けに自己評価を調整するのが、賢い方法です。

人は、自分と共通点の多い人に親近感を抱きます。

出身の都道府県が近いだけで、親近感がわきやすくなります。

この性質を利用するのです。

 

つまり、あなたの理想とする人が、

自分自身をどのように評価するかを考えて、

そのプロフィールを記入するのです。

人のいいあなたは、「それは嘘をつくことになる」と思ったかもしれません。

しかし、その心配は必要ありません。

あなたが理想とする相手と、あなた自身に大きな差はないはずです。

そもそも、大きな差があれば、あなたは違和感や嫌悪感を感じます。

たとえばあなたの理想の結婚相手が年収3000万円の人だとして、

その人が自分をどのように評価するかを想像して、埋めたとします。

そのプロフィールをみて、あなたが自分自身に下している評価と大きく違ったら、

きっとあなたは嫌悪感を感じて、下方修正してしまうはずです。

その高い自己評価を、受け止めることができないからです。

人は、自己評価と言うものに対しては、嘘をつけません。

ですから、「嘘をつくことになる」という心配は不要なのです。

あなたは、あなたが理想とする相手が、自分をどのように評価しているのか、

それを、あなた自身の自己評価として書けばいいい。

そして、もしそれに自分は満たないと思うなら、

自分を磨けばいいんです。

そもそも、自己評価というのは、その名のとおり自分で自分を評価すること。

どのようなものが正しいかなんて、確かめようがないんです。

自己評価というのは、自分で勝手に決めればいいんです。

それならば、あなたが結婚したい相手の結婚相手として、

ふさわしい自己評価を持ちましょう。

そして、それに見合うように、自分を磨いていけばいいんです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ