婚活するなら1対1に持ち込め!

静岡ー婚活・恋活パーティーしず恋11

「フィメール・チョイス」、覚えていますか?

恋愛の最終決定権は、女性が握っているという原則でしたね。

静岡ー婚活・恋活パーティーしず恋5女性ならアプローチを誘導させること!
「フィメールチョイス」という言葉があります。 フィメールというのは女性のことで、 つまり、「フィメールチョイス」は「女...

男性は、立候補しないと選ばれることもない。

だから、男性は積極的に情報開示をしていく必要があります。

 

この情報開示のことを、心理学では「自己開示」と言います。

自分のことについて、相手に語っていくことです。

この自己開示にも深さがあって、

親密になるほど深い情報を開示できるようになります。

逆に言えば、適切に自己開示をすることで、どんどん親密になっていくんです。

適切な自己開示というのは、相手と自分の自己開示の深さを揃えることです。

初対面で、いきなり「誰にも言っていないですが、初音ミクが好きなんです」

と、言われても困ります。

でも、自分がBUMP OF CHICKENが好きだと言った後に、

初音ミクファンだと言われたら、きっと嬉しいでしょう。

「自分のこと、信頼してくれているんだな」って思えます。

(※注 BUMP OF CHICKENは、初音ミクとコラボレーションをしています。)

最初はパブリックな情報からのやり取りから始まりますね。

自分の名前、仕事など、もともと外に出すための情報からやり取りする。

そして、どんどんプライベートな情報を開示していくことになります。

誕生日、好きなもの、嫌いなもの、すごく嬉しかったこと、悲しい過去。

 

お互いの自己開示の深さが、できるだけバランスするようにしましょう。

一気に深い話までしてしまうと、これは相手にとって負担となります。

相手の反応を見ながら、少しずつ少しずつ自分の深いレベルでの話をしていく。

そうすることで、どんどん親密になっていくんです。

男性は、もし女性から質問されたら、どんどん答えましょうね。

女性から質問をされるということは、光栄なことなんですよ。

もしかしたらフィメールチョイスの、候補になっている可能性があるのですから。

女性も、ターゲットから質問を受けたら、

少しずつでもいいから開示してあげてくださいね。

情報を出さないのは、”興味がない”と言っているのと同じですからね。

もちろん、自己開示を進めるには、どこかで1対1でのやり取りをする必要があります。

最近だと、SNSを使えば簡単に1対1でのやり取りもできると思うので、

もし、まだしていない人は、始めましょう。

 

SNSは、恋愛においてはもっとも使いやすいツールだと思います。

ですから、もっと詳しい使い方も、少しずつ書いていこうかなと思います。

が、今回はここまで。

ちなみにBUMP OF CHICKENと初音ミクのコラボレーション動画です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ