「私なんて・・・」は変わるためのチャンスと捉えよう

静岡婚活ーしず恋ー恋活

セルフトークのコントロール、続いていますか?

心の中の声を変えるだけなんですが、続けるのって大変ですよね。

「こんなのやっていて意味があるのだろうか?」とか、

「宗教っぽいからやめておこう」とか、いろいろな思惑が出てくると思ます。

もしくは、「続けられない自分って、やっぱりダメだな」と思ったりする。

無意識はあなたが変わるのを、必死に戻そうとしています。

だから、天才的に「やらない理由」を作り上げます。

これを「創造的回避(クリエイティブアボイダンス)」と言います。

 

この「創造的回避」の中でも、もっとも強力なものは自己否定です。

「自分なんて」と自己評価を下げて、行動を続けさせないようにしてくる。

「自分は何をやってもモテない」と思っていたら、モテるための行動を起こしませんよね。

「自分には生きてる価値がない」と思って、努力をしようと思いますか?

自己否定は、元に戻ろうとする無意識が使う最終手段。

あなたの存在に対する否定をすることで、あなたをもとに戻そうとしている。

つまりは、あなたはあと少しで変わる、ということです。

最終手段を使わないと、あなたが変わってしまうから、

無意識は最終手段を使っているわけですよ。

「これほど頑張ったのに、私は変われていない。私なんて」と思い始めたら、

実はチャンスだということです。

あと少しで変わりきってしまう。

あなたは新しい自分になってしまう。

自分にもっと自信を持って、ダイエットにも成功して、

恋人もできて、結婚もできそうになってしまう。

だからこそ、そういう思いが出てくるんです。

自動的に出てくるセルフトークが、何を目的としているかを考えてみましょう。

 

あなたの目的に向かって進めようとしているのか、

それとも元に戻そうとしているのか、

これだけに注意をするんです。

 

そして、元に戻そうとしているなら、

完全に無視をして「自分らしくないな。」と、

セルフトークをしましょう。

目的達成に役立つセルフトークだけ、受け入れればいいんです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ