婚活においての自分磨きとは?

しず恋ー婚活ー静岡0

自分磨きで大切なことは、「快適領域」を変えること。

初めての合コン、婚活パーティーってテンションあがりますよね。

もしくは、ものすごく緊張しますよね。

私も、初めての合コンのとき、

異常にテンションが高かった。

あれは、「快適領域」から出ていた証拠です。

 

人間には、ホメオスタシス(恒常性維持機能)というものがあります。

これは無意識の機能の1つです。

体温が一定に保たれるように、

現状を保とうとする装置があると思ってください。

このホメオスタシスによって、

一定に保たれた空間を、「快適領域」と言います。

好きな人に話しかけようとする自分を、押しとどめようとする。

「今はタイミングではない。」、「彼は私に興味なんかない。」という風に、

話しかけない理由が山ほど出てくる。

合コン・婚活パーティーに行こうとしていたのに、急に体調を崩していけなくなる。

もしくは、仕事のタイムリミットが間に合わなくなって、行けなくなる。

そういう風にして、ホメオスタシスは、

あなたを「快適領域」へと必死に戻そうとしてきます。

 

では、どうやったら自分を変えられるかと言えば、

「快適領域」そのものを変えてしまえばよいのです。

合コン・婚活パーティーに行くことを「快適領域」にしてしまえばいい。

好きな人に話しかけることを「快適領域」にすればいいんです。

快適領域は、セルフイメージによって作られています。

何を自分らしいと思っているかが、快適領域を決めているんです。

潔癖症の人は、部屋を綺麗にせずにいられません。

アウトドアが大好きな人は、外に出ないと耐えらない。

好きな人に積極的な人も同じです。

そうせずにはいられないから、そうしているだけなんです。

ですから、そういうセルフイメージを作り上げればいい。

合コン・婚活パーティーに行かずにはいられない自分、

好きな人に話しかけずにはいられない自分、

そういう自己イメージを作り上げればいいんです。

そのための方法論が3つあります。

1 セルフトークのコントロール

2 ビジュアライゼーション

3 アファメーション

次回から、これらについて、より詳しくご説明していきますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ