合コン・婚活での座り方を工夫する

静岡婚活イベントーしず恋1

抽象的な話が続いてしまったので、

ちょっと具体的なテクニックも、

お伝えしておきますね。

「スティンザー効果」と呼ばれるものです。

簡単に言えば、座る位置で心理が変わるということです。

 

カウンセラーやコーチが、

クライアントと完全に向き合って座ることはありません。

これは、スティンザー効果を考慮しているからです。

 

正面を向くというのは、基本的には対立関係になることが多いんです。

議論を戦わせるにはよいのですが、仲良くなるには向いていません。

クライアントと対立関係になって、メリットは1つもありませんからね。

 

仲良くなるためには、横に並ぶことです。

同じ方向を向いているほうがよいわけです。

また、横向きだとパーソナルスペースも狭いので、

近くに寄りやすい、接近しやすいという効果もあります。

電車でも横に並んでいたら、身体が当たっても許せますが、

向き合っていたら、気持ち悪いでしょ?

それと同じです。横というのは接近しやすいんです。

 

合コンや婚活パーティーの始めは、

どうしても相対するすることが多いのですが、

できれば横向きに並ぶようにしたほうがいいですね。

もしくは、身体の向きがななめになるような場所を選びましょう。

四角の机なら、できるだけ机の端の方に座ったほうが、

異性と正面を向かなくて済みます。

 

大切なことは、身体が正面を向いていないことなので、

もし、どうしても正面に座る必要があるときは、

相手に対して、自分の身体が水平にならないようにしましょう。

水平から15度ずらすだけでも、大きく印象が変わりますので、

ぜひやってみてください。

このような技は、おそらく女性は自然とやっていると思います。

ですから、この座り方を気を付けたほうがよいのは、男性ですね。

つい、正面に向き合う人が多いので、

男性は特に、意識して横に座るように、もしくは身体の正面を相手に向けないように、

気をつけてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ