婚活の舞台で不利な経済力のない男性は今後どうするべきか。

財テク 婚活 静岡

婚活を有利に進めたいなら女性からモテる要素として経済力は・・・・外せません。

女性は出産と子育てを視野に入れて婚活するという方がほとんどではないでしょうか。

日本全国の企業のほとんどは出産や育児のために休暇をとってから職場復帰ができる理想的な体制ではないからです。

また、保育士や施設の不足から保育所に子どもを預けられないことも多く、

女性はどうしても仕事をやめざるをえないことがあるのでしょう。

そこに両親共働きでないと保育所に入れないという矛盾が起きます。

現状では両親ともに教師であっても保育園に入れない状況です。

極端な例ですが、保育園に入れるためだけに偽装離婚するというとんでもないことをする人もいます。

「妊娠したら出産直前まで隠して予定日前に数日休んで出産する」

という強者がいますがそんなことは普通ありえません。

そうなると安定した業種や高収入の男性を望むというのは普通の考えなのでしょう。

 

女性が求める経済力をどのようにしたら身につけられるのでしょうか?

会社勤めならより上のポジションを獲得するために、

資格取得や昇進試験を受かるために頑張るという明確な努力の方向性があります。

人付き合いを器用にこなして、上司に気に入られるように政治力を発揮するというのもありでしょう。

基本は組織内で評価を上げることにかかっています。

さて、問題は会社の全体的な業績不振で給料に響かない状況だったり、フリーランス・自営業の場合です。

状況によっては転職も必要でしょう。ただ、今どきは安易に転職は出来ません。

副業をするという手も以前はありましたが、

マイナンバー導入により副業禁止の会社に勤めている方はバレてしまう可能性が高いですね。

そういう方は例えば確定申告の際には、税理士に相談し普通徴税にしたりする必要も出てくるでしょう。

他にも役所に申請すると出産・子育てに関する給付金があったり、

節税など財テクを磨くことが女性を安心させます。

認可外の保育所は勤め先の会社が入っている福利厚生の業者から、

保育料の割引が利く場合があります。

今の時代、財テクを身につけるのも婚活において大事な要素かもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ