好印象を与える話し方の5つのコツとは?

デートーマガジンー静岡ーしず恋1

初めての相手と会話するときって緊張しますよね?

心配しないでください、相手も同じ気持ちなんです。

今回は緊張しても相手にいい印象をあたえる話し方のポインを5つご紹介します。

ぜひ参考にして恋愛上手になってくださいね!

 

相手の目をみて話す

これはよく言われることですが、相手の目をみて話すと話している内容に説得力がでます。

また、相手も「自分に対して話してくれている」と意識するようになります。

目をみて話すのが恥ずかしい方は、目と目の鼻の部分を見るようにしましょう。

 

滑舌良く話す

話す内容がきちんと相手に伝わるように話しましょう。

せっかく話したのに「何をいっているか聞き取れなかった」なんて思われたら悲しいですよね。

 

声のボリューム・トーンを適度に調整しましょう

声のボリュームが小さすぎたり・大きすぎたりしないようにしましょう。

緊張してうまくボリュームコントロールできない場合は1度深呼吸をして肩の力を抜き、

鼻に声を通す感じで顔を上げて発声してみてください。

ボリューム調整がしやすくなり、

声のトーンも普段の地声より少し明るくスムーズに発が出せると思います。

 

あいづちを打つようにする

自分のことを相手に話すのも大切ですが、相手の話を聞くことも大切です。

相手が話しているときは「聞いている意思」を相手に伝えるようにしましょう。

首でうなずくだけでも印象がまったく違ってきます。

 

「例えば」を使う

会話が終わって沈黙が続いて気まずくなりそうな場合は、

タイミング良く「例えば…?」を使ってみてください。

実例がでることによって会話の内容が分かりやすくもなりますし、

相手のことをもっと知る機会になりますね。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

ことわざにもあるように「話上手は聞き上手」

ポイントの中でも、話す側のポイント・聞く側のポイントを紹介しました。

会話の盛り上がる内容に関しては次回また別の記事で紹介したいと思います。

誰かと話すときに是非この5つのポイントを意識してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ