静岡県の逆さ富士スポット!デート・レジャーで行く田貫湖

静岡デートスポット

「逆さ富士」といえば、山梨県の富士五湖で撮影された写真が有名ですね。

実は静岡県側からも「逆さ富士」を撮影できるスポットがあります。

人造湖ではありますが、富士山の西麓・朝霧高原の一角に位置する田貫湖は、

静岡県側から逆さ富士を撮影できるスポットとして、密かに人気があります。

田貫湖という名前は、一瞬動物のタヌキを連想してしまいがちですが、

昔の富士山本宮浅間大社神主であった田貫次郎が隠居していたことが由来しているそうです。

 

田貫湖は全周3.3㎞で、ランニング&サイクリングコースも整備されており、

休日に行くと地元の方たちがたくさん歩いたり走ったりしています。

湖畔にはキャンプ場も併設されているので、たくさんのテントが並び、

家族連れが雄大な富士山を目の前にキャンプを楽しんでいる姿も見られます。

キャンプ場では宿泊だけでなく、日帰りバーベキューも楽しめます。

トイレや炊事場がとてもきれいなので、女性グループでの利用も多いようです。

 

また、キャンプ場とは別に、宿泊施設の「休暇村富士」も併設されており、

窓に入りきらないくらい大きな富士山を眺望できるため、

日本全国の休暇村の中では断トツの人気を博しているそうです。

さらに、周辺には東海自然歩道、陣馬の滝、白糸の滝、朝霧高原などの、

大自然を満喫できるスポットがたくさんあり、体の芯から癒されること間違いなしです。

 

田貫湖からは、単なる「逆さ富士」が見ることができるのではありません。

富士山だけでなく富士山頂から昇る朝日が光り輝く様子も湖面に映し出される

「ダブルダイヤモンド富士」を見ることができます。(4月20日頃と、8月20日頃。)

富士山の頭がダイヤモンドのように光ることからこのようなネーミングになりました。

 

富士山もとても美しいのですが、6・7月にかけては、

夜になるとゲンジボタルが舞っている姿を見ることができるので、

その時期は地元の方も観光客も朝から夜まで田貫湖を堪能しています。

 

富士山が世界文化遺産登録されてからは、

外国人観光客も足を運ぶようになった穴場スポット田貫湖。

レンタサイクルもあるので、友達や家族・カップルで是非訪れてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ