フランク三浦【静岡県】 「茶畑!世界遺産モデル」が微妙に欲しくなってきたw

言わずと知れたスイスの高級時計「フランク・ミュラー」

そのパロディーウォッチ「フランク三浦」を販売する会社が、

商標登録を無効とした特許庁の審決を不服として起こした訴訟の判決が4月12日、言い渡された。

結果は、特許庁の審決の取り消し!逆転勝訴である。

 

「フランク三浦」は2012年に商標登録されたが、

特許庁は2015年9月に、ミュラー側の請求にもとづいて登録を無効としていた。

今回の裁判で、ミュラー側は「語感が極めて似ている」

「信用や顧客吸引力への『ただ乗り』目的だ」などと主張していた。

 

ちょwwwフランク三浦てwww クッソ、こんなんでwww

フランク・ミュラー、フランクみぅらー、フランクみうらー・・・あぁ、確かにねw

 

ちなみに判決では、

「呼称は似ているが、外観で明確に区別できる」

「100万円を超える高級腕時計と、4000~6000円程度の低価格の時計を混同するとは到底考えられない」

という理由らしい。

ニュース記事はこちら

そもそも、フランク三浦とは?

気になったので、試しに公式サイトを覗いてみた。

サイトドメイン天才時計師てwww

frankmiura

出典:http://tensaitokeishi.jp/

フランク三浦とは、人前に顔をほとんど出さない謎の天才時計師。

その「フランク三浦」が作る腕時計は、シャレとお洒落がわかるハイセンスな人にオススメの

「デザイン・ノリ・低価格」を追求したパロディーウォッチ。

営業マンが付ければ話題に困らず、プレゼントをすれば意外と喜ばれ、キャバクラでは予想以上の大ウケだ。

あらゆる場所で、貴方の周りを笑いに包んだ時計。

 

フランク三浦の特徴

暗闇でもサングラスを付けており、人前に出る時は覆面姿、肌は黒く、

とんでもない筋肉質な体、そして無類のギャンブル好きで関西弁・・。

断片的な情報のみで、その正体は謎に満ちてている。

 

フランク三浦テーマソング

完全非防水、ショックに弱けりゃ、熱にも弱い、おまけに傷ありwww

やば、欲しくなってきたwww

 

静岡県バージョン「フランク三浦」

フランク三浦 静岡

出典:http://tensaitokeishi.jp/

どうやら、ご当地モデルも販売しているようなので覗いてみると、

静岡県版もありました(^^♪

「茶畑!世界遺産モデル」!!

文字盤を見てみると、1時がサッカー選手になっており、

三浦氏が思う最高のシュートフォームをデザイン化したものらしい。

エスパルスもこのフォームを真似て決定力を高めてほしいものだ。

 

6時のところには、うなぎパイなどで有名な浜松のうなぎがデザインされている。

ちなみに日本ではじめてうなぎの養殖がおこなわれたのが静岡県らしい。

8時のところには茶の文字。

中央には日本一の山・富士山が描かれている。

価格は税込5400円と安い!!

ご購入はこちらから

 

今回の裁判の結果で、受注が増えてるみたいなので、

購入希望の方はお早めに!

これをつけてハイセンスなオシャレさんになりましょう♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ