痛快!静岡県がオープン・・・通過ではなく痛快?

shizuoka-shizukoi-tsukai

静岡県では11月12日、静岡の魅力発信のためのサイト【痛快!静岡県】を開設した。

多彩な情報発信をして「通過県ではなく痛快県」とアピールしていく構えだ。

本県への来訪者や移住者の増加につなげたい考えらしい。

ツイッターの反応は?

県内在住の方の気持ち、よ~くわかります。
静岡県出身静岡在住の筆者も同じくビミョ~・・・な気持ちに・・・
さぁ、気を取り直していきましょう!何やらキャンペーンもあるそうです!

キャンペーン

shizukoi-shizuoka-watabe

静岡県が人気サイト【ボケて】と、あの戦場カメラマンとコラボたん!
面白くボケて豪華景品ゲットたん!

キャンペーン期間日程
2015年11月12日(木)〜2016年2月23日(火・富士山の日)
お題
【第1弾】 世界遺産/風景/体験
【第2弾】 子育て/食/スポーツ
■URL:痛快!静岡県

えっ?戦場カメラマン、静岡県出身だったのかー!!

富士市出身のカメラマン渡部陽一さんが撮影した県内各地の写真に、面白いコメントを寄せる「ボケて」コーナーがあり、

優秀作の作品に「ふじのくに新商品セレクション」の認定商品が贈られる。

どんな情報が載るの?

県や関係団体のサイトを紹介するほか、
静岡新聞びぶれ、ウーモ、すろーかる、静岡時代
県内フリーペーパー4誌と協力し、各誌の地元密着情報を掲載する。

県内で盛んなスポーツについても連載する。

対象は?

首都圏の20代~30代を閲覧対象の中心に定めているようで、年度内に15万アクセスの達成を目指すとのこと。

静岡の魅力を伝え、静岡を離れてしまった方達をUターンさせようという試みの一つですな。

どのように痛快な記事を載せていくのか、今後に期待大!

【しず恋】も今後載せてくれないかな・・・

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でしず恋をフォローしよう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ